タラバ、ずわい、かにの種類と特徴は?

 

タラバ蟹の特徴は?

 

かにと一言で言っても、値段や形、大きさなどにそれぞれ違いがあります。お店で買おうと思っても少し知っておかないと買えないと思い、調べてみました。

 

かにの種類は、タラバ、ずわいをよく聞きます。違いって何だろうかと聞かれるとよくわかりませんでした。タラバ蟹は、脚の直径が5cm以上は当たり前なのが特徴らしく、大きい蟹のようです。

 

タラバ蟹はカタカナが多いですが、漢字で書くと鱈場蟹になります。鱈の漁場に多く生息していたことからタラバ蟹という名前がついたということが分かりました。なるほどといった感じです。

 

 

 

ズワイガニの特徴は?

 

ズワイ蟹とは違ってヤドカリ属になるそうです。同じ蟹でも違いがたくさんあるんだと感心しました。蟹で食べ応えを感じたい、身がたくさん入っているのが良いと思うとタラバ蟹がオススメのようです。

 

蟹は身が少ないと何だかショックです。少しずつしか身を食べることが出来ないので、少しでも多く食べれると嬉しいです。そして、ズワイ蟹は身も入っていて、味も良いとされています。

 

身はとても上品で甘みがあるのが特徴です。身も入っていて味も良いなんて素敵です。何と言ってもカニミソが濃厚なので、カニミソが好きな私にはたまりません。

 

ズワイ蟹は日本で全国的に生息しています。なので、蟹といって口にする機会が多いのはズワイ蟹かもしれません。そして、ズワイ蟹は地域によって呼び方が変わっています。

その他にカニの種類ってどんなのがあるの?

 

松葉ガニ、越前ガニ、間人ガニなどの呼び方があり、これらはすべてズワイ蟹のことです。違う蟹の種類なのかと思っていたので、とても勉強になりました。意外と蟹のことを知らないんだなと感じました。

 

高級ブランド蟹と呼ばれている蟹も全て同じ種類のズワイ蟹だということなのです。大きな違いと言われれば、分かりやすいのが見た目でタラバ蟹は大きく、足も太いですが、ズワイ蟹は身体は小ぶりで足も細長いです。

見た目を覚えておけば分かりやすいです。蟹にも好き好きがあり、とにかく身が多く食べたという満足感が欲しいときにはタラバ蟹、濃厚なカニミソが味わえて蟹をじっくりと味わいたいというときにはズワイ蟹を選ぶと良いです。

どちらも日本人に好まれている蟹なので、どちらを選んで失敗するということはないでしょう。温泉に行ったり、美味しいものを食べにいって蟹を食べる機会は多くはないですが、たまにあるので、どちらの種類の蟹なのかを意識して今度から食べてみたいです。種類によって違いがあることを友人にも教えてあげたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です